<第1部 講演者>

喜多川泰(きたがわやすし)氏

 1970年生まれ。愛媛県西条市出身。
 東京学芸大学卒。

 98年横浜市に学習塾「聡明舎」を創立し、今までになかった新しい塾の形を追求し続けている。

 2005年『賢者の書』で作家としての活動を開始する。力強いメッセージが込められた独特の世界は、幅広い世代を魅了し、今なお読者が増え続けている。

  喜多川 泰のホームページ

<第2部 コーディネーター>

中村文昭(なかむらふみあき)氏

 1969年生まれ。三重県多気郡宮川村出身。
(有)クロフネカンパニー代表取締役
 年間300本以上の講演活動で全国を飛び回る。2005年より北海道で、引きこもりの若者を集め、農業「耕せニッポン」活動をスタート。学校関係の講演活動で出会った素敵な先生達にスポットを当てたイベント「あこがれ先生プロジェクト」をプロデュースしている。

<第2部 あこがれ先生>

金 大竜(キムテリョン)先生

 大阪市立の小学校に勤務。「日本一ハッピーな学校をつくる」ことを目指して日々奮闘。「あいさつ自動販売機」など、ユニークな取り組みが注目を集め、様々なメディアで取り上げられている。ブログ「日本一ハッピーな学校をつくろう」では、日々の学級での取り組みや思いなどを発信している。
 2012年4月に『日本一ハッピーなクラスのつくり方』を明治図書より刊行。

香葉村真由美(かばむらまゆみ)先生

 福岡県の小学校に勤務する傍らで、「熱くてよかろうもん」というボランティア団体で精力的に活動。
 三重県で行われた「第一回 先生見本市」(現在の「あこがれ先生プロジェクト」)で講師を務め、そのときの話が、たくさんの人に感動を与え、その後全国から講演依頼を受けるようになる。
 日本中の子どもたち、親たち、先生たちを笑顔にしたいという夢に向かって邁進中!


「あこがれ先生プロジェクト in 瀬戸」実行委員会 2012 All rights reserved.
inserted by FC2 system